So-net無料ブログ作成

座右の寓話 「ロバと親子」

町にある市場でロバを売るため、親子とロバが田舎道を歩いていた。
すると、道ばたで井戸水を汲んでいた女の子たちがそれを見て言った。
「なんて馬鹿な人たちでしょう。どっちか一人がロバに乗ればいいのにさあ。
二人ともほこりをかぶってとぼとぼ歩いているのに、ロバはあんなに気楽に歩いているわ」。
親父さんはその通りだと思い、息子をロバの背中に乗せた。

しばらく行くと、老人たちがたき火をしているところに来た。
老人の一人がこう言った。
「今時の若い者は年寄りを大切にしない。ごらんよ、年をとった親父さんが
疲れた様子で歩いているのに、あの子はロバに乗って平気な様子でじゃないか」。
親父さんはこれを聞いて「それもそうだな」と思った。
そして、息子を下して、自分がロバに乗った。

しばらく行くと、子どもを抱いた三人の女たちに会った。
一人の女がこう言った。
「まったく恥ずかしいことだよ。子どもがあんなに疲れた様子なのに、
どうして歩かせておけるんだよ。自分は王様みたいにロバに乗ってさ」。
そこで親父さんは、息子を鞍の上に引き上げて自分の前に乗せた。

しばらく行くと、数人の若者たちに出くわした。
一人の若者がこう言った。
「君たちはどうかしてるんじゃないか。
その小さなロバに二人が乗るなんていうのは無慈悲だよ。動物虐待と言われても仕方がない」。
その通りだと思った二人は、ロバから下りた。
そして、親父さんは言った。
「こうなったら、二人でロバをかついで行くしかない」

二人はロバの後ろ足と前足をそれぞれ綱で縛って、道ばたにあった丈夫そうな棒をその間に通した。
子どもが片方の棒を、親父さんが棒のもう片方を持って、えんやえんやとかついで歩いて行った。
町の人たちはこの様子を見て、てをたたいて笑った。

【嫌われることは自由の証】

この寓話の教訓は「全ての人に好かれることはできない」ということである。
どうしてそういうことが言えるのか。
世の中にはいろんな人がいる。
その人はその人の立場でものを言う。

この寓話では、
女の子の立場、老人の立場、三人の女の立場、若者の立場など、
それぞれがそれぞれの立場で親子に自分の思いをぶつけている。
もちろん、それぞれの助言に一理あることは認めよう。
しかし、一理あるにすぎないのである。

もう少し、別の角度から考えてみる。
「全ての人に好かれることはできない」という教訓は、
「誰かに嫌われることを恐れてはいけない」という教訓に変換できる。
内股膏薬という四文字熟語を思い出す。
内股に貼った膏薬が右側についたり左側についたりすることから、
しっかりした意見や主張がなくて都合次第で立場を変えること、
または、そのような人物やあてにできない人物のことを言う。
この親子はまさにそういう状態に陥っている。
組織の中で仕事をしていると、こういう内股膏薬状態に陥ってしまうことも少なくない。

大げさにいえば、この親子は「人間としての自由」を放棄している。
自分のことを嫌う人がいるということは、自分が自由に生きるための代償であり、 自分が自由に生きていることの証拠である。
他者に嫌われても構わないと思うこと、
他者の評価を気にしないことが、自由に生きるための出発点になる。

「全ての人に好かれることはできない」という格言から連想するのは、
「全てを手に入れることはできない」という格言である。

「結婚はせず、こどももいない。振り返れば捨ててきたことも多く、
好きなことを追い続けた自分を『卑怯だったかな』と思う時もありますが、
『全てを手に入れることはできない』と悟っています」 by  戸田奈津子

こんなことを言う人もいる。
選ぶとは、何かを選んで、何かを捨てることだ。
両方を選ぼうとして、どちらも失ってしまうことがしばしばある。
なるほど、それはそれで一つの考え方である。
しかし、
どれか一つを選ぶなんてできない、全て欲しいと思うのが人情である。
たとえば、
仕事と家庭と趣味をどう両立させていくかを考える時、
どれか一つをとれと言われても困るし、できれば全てを欲しいと思うのではないか。

そういうときにはどういう実用的な助言が可能だろうか。

一つは、
全てを手に入れるのは同時でなくてもいいということ。
「全てを手に入れる」という目標を「長い時間軸で追う」ということだ。

もう一つは、
完全なものを手に入れることを望まないことだ。
少しだけ雑になること。
良い意味で適当になること、
そしてほどほどのところで満足することだ。
この二つの法則を守れば、全てを手に入れることも不可能ではない。


人間は他人の目を気にしてばかりで、
結局は、他人の人生の中で生きてしまうことになる。

寓話の最後、
完全なものを手に入れようと思わず、
少し雑に、いい意味適当に、ほどほどのところで満足する。
これに限る!!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。